トップページ写真
お知らせ お知らせ

はじめの一歩保育園

ちびっこ安心館
はじめの一歩保育園のご案内

教職員採用のお知らせ

平成31年度教職員採用のお知らせ
 →詳しくはコチラ  

柿の実プールだより10月号

柿の実プールだより10月号を掲載しました。
 (柿の実スイミングからのお願い→コチラ

パパママサークルの紹介

各サークル活動を紹介しています。
 →詳しくはコチラ

お知らせ 更新情報

2018.09.03

今月の園長先生のメッセージ(2018年度9月号)今月の園長先生のメッセージ(2018年度・9月号)

自然の凄さに圧倒されながら思ったこと

夏の間に草刈りを2回しました。僅か1ヶ月もしないのに畑が草むらに変貌している。膝を覆うほどの伸びきった野原化した畑、3日間暑い中汗だくになりながら草刈り。するとなんとなく気になる何かの生き物、いや「私は生きているんだ」といった何かの成長を感じる動き、気配。気になり横を見る、何もいない、けど感じる。なんと切ったばかりの、根元から刈られた草がもうそこから伸びようとしている、確かに伸びよう伸びようしているのを感じました。翌朝行ってみると確かに新しい黄緑の新芽が出ている。だから、2回もの草刈り。また9月には勢い増した草たちにご対面するに違いない。
 自然の凄さ、その中で野菜を育てる、果樹を育てる、大変さが身に染みる。そうした草刈りされ枯れてしまったものを集めて、せっせとブルーベリーの根元に肥料にと敷き詰めました。そのためか今年度の収穫は凄かった。何度も何度も、例年の何倍もの収穫。実も大きく、美味しかった。1粒1粒、約2時間収穫したものを柿の実幼稚園の「絵本充実資金」として、1袋100円、美味しく食べていただけただろうか。(いろんな野菜等の販売、その資金でグループの幼稚園・保育園の絵本を購入)、それが「絵本充実資金」です。柿の実、夢の森、玉川中央、保育園、今までたくさんの絵本を購入させて頂きました。
 自然の凄さ、その中で汗を流し時間をかけ、危険の中、野菜・果樹を育てたり、そして魚等の漁をしている方々に本当に感謝するばかりです。野菜や果物が大好きな私は特に感謝、感謝です。自然の凄さに圧倒されながら思ったこと、まさに子どもたちの凄さも凄いことでした。大きくなる、言葉が違ってきた、遊びの展開が・・。子どもたちの成長は本当に限りが無い。あの草刈りされた後、それでもまた伸びようとする、本当に凄い力を感じた夏休みでした。  夏期保育、門の前を渡ろうとしていた親子、お母さんと男の子、車の行き来が激しかったので、右左と、確認して渡ろうとしたその時、子どもはその判断、反応が遅れかけました。お母さんはその子の腕をつかみ、いやとっさにつねるような感じで知らせ、無事渡りました。勿論その子は大泣き、つねられたのですから相当痛かったのでしょう。身の危険を察し知らせる、また親としての体感教育にも感じました。一見きついお母さん、親の子への暴力に映るかも知れない。大泣きしていたその男の子は、お母さんを追っかけるように走って渡りました。涙を流しながらも腕でその涙を拭いてお母さんに走り寄り、くっつきスカートに手をやっていました。痛い思いをされても、大泣きしても、お母さんはお母さん、私も母親を思いだし、その光景はその1日を元気にしてくれました。

フォトギャラリー

フォトギャラリー

今月の表紙の絵

今月の表紙の絵夏休み号の表紙の絵は
 まつぐみの
 おおむらさとこちゃん
 の作品です。

※みんなの絵は コチラ