トップページ写真
お知らせ お知らせ

はじめの一歩保育園

ちびっこ安心館
はじめの一歩保育園のご案内

第4回目『冬のキャンプ(1/6~7)』の申し込みを開始しました。 →詳しくはコチラ

柿の実プールだより1月号

柿の実プールだより1月号を掲載しました。
 (柿の実スイミングからのお願い→コチラ

平成30年度園児募集要項

平成30年度園児募集要項を公開しています。
パーシモン教室フレンドサークルも公開しています。

教職員採用のお知らせ(幼稚園教諭・保育士)

教職員採用のお知らせ(幼稚園教諭・保育士)
 →詳しくはコチラ
※平成30年度新設保育園職員も募集しています。
 新設保育園勤務地:柿生・町田・五月台・矢野口

お知らせ 更新情報

2017.12.02

2017.11.25

今月の園長先生のメッセージ(2016年度2月号)今月の園長先生のメッセージ(2017年度・12月号)

大きくなりました、見て欲しい

 今年もまた12月を迎えました。子どもたちも大きくなりました。運動会等子どもたちの大きくなっていく姿を見ながら、子どもたちのいろんなことに取り組む目の輝き、先生方の準備と工夫と努力保護者の皆様のご理解とご協力、その3者の思いが大きく大きくなった子どもたちを支えてきました。ありがとうございました。そんな自分を見て欲しい、子どもたちの願いです。
 作品展、発表会、保育参観、いつ見ても子どもたちに感激します。
 あんな小さかったあの子が、幼稚園の先生になりたい、就職面接、楽しみでありわくわくして面接に臨みました。毎年有り難いことに素敵な仲間が増えていきます。先生と教え子が、一緒になって幼児教育に取り組んでいる、その2人を就職面接、本当に有り難いことです。10組を超える。先日、玉川中央幼稚園のA先生から、柿の実の発表会を見に来たい、一緒にクラスに関わるF先生と一緒に見たいとのこと。嬉しいこと、先生が他園の行事を見たりしながら学び合う、それぞれの幼稚園の良さ、工夫、ねらい、学びあい刺激し合うことを願っていただけに嬉しい。また、A先生の教え子の同期が3人、柿の実で一年目です。「見て欲しい」最初の、子どもたちと作り上げた発表会です。これまた凄いことです。子どもも見て欲しい、大人も見て欲しい、子どもの世界も大人の世界も人と人が触れあって学び、大きく大きくなる学びの場が「見て欲しい」の願いのそこにはあります。「我以外皆師」、私もたくさんの方々に助けられました。たくさんの方々に教えられました。たくさんの方々に頭を下げなければいけません。まだまだ努力が足りません。言葉足らずで、全く反対のことにとらえられたり、思いもよらない励ましを頂いたり、まだまだ関われることに感謝するばかりです。
 先月末、岡山県議会の皆さんが幼児教育の視察に来ました。柿の実が大きいから来たからではなく、特別支援を要する子どもたちが、たくさんの子どもたちと楽しく遊び学ぶ様子と、幼稚園のその取り組みを直に見たかったようです。県の教育委員の方々も一緒でしたのでたくさんの質問がありました。印象に残ったのが、「80歳近くになる先生たちが何人も幼稚園の環境整備や畑のお世話している姿、幼児教育への大切なものがそこには潜んでいますね」、その言葉でした。
 もう一つあります。「仲良しの池」の上にある「あけびの棚」、毎年たくさんの赤紫の実を付けてくれます。柿の実、夢の森、玉川中央幼稚園に配られますが、販売してもすぐなくなります。1人の県議の先生が「おう、珍しい、むくびがある」と、大きな声で叫びました。「あけび」は、熟したら半分に割れるから「あけび」、割れないあの実は「むくび」だとか。いままで子どもたちに「あけび」と教えていたので早速間違いで「むくび」だと、伝えました。県議の先生に教えられました。すると翌日、柿の実のK先生がいろいろ調べてきて、本当は「むべ」あるいは「うべ」と言われるとのこと。本当に有り難いことです。そしてその翌日、補助のC先生が「むべ」が正式名称、「むくび」は地方によってそう呼ぶらしいことを教えてくださいました。「我以外皆師」ですね。
 今年も残りひと月、大切に、また素敵な年を迎える準備の月にしたいですね。

 

 

フォトギャラリー

幼稚園へのアクセス 今月の柿の実幼稚園

今月の表紙の絵

今月の表紙の絵12月号の表紙の絵は
 ももぐみ
 しばまなかさん
 の作品です。

※みんなの絵は コチラ