柿の実幼稚園の歴史 柿の実幼稚園の歴史

1962年 地域の要望に応えて、神奈川県公認として開設
1981年 学校法人柿の実学園とする
1982年 新園舎、ホールが完成
1992年 創立30周年の記念行事として、山の家が完成
1995年 屋内プールが完成
1997年 3歳児園舎が完成
1999年 ホームページを開設
2000年 柿の実遊び館が完成
2001年 創立40周年記念
記念水車が完成
防犯カメラと防犯ベルの設置
環境保護の視点から「太陽光発電」始まる
2002年 パーシモン館が完成
パーシモン教室の始まり
子育て支援センター「かきのみぶんぶん」の完成
小学生活動「わんぱくどろっぷす」(学童保育)始まる
2003年 水田づくりを始める
裏山にブルーベリー畑をつくる
夏休みの学童保育活動『探検隊「わんぱくどろっぷす」』始まる
2004年 食育館をつくって食育の充実を図る
夢の森自然探検村の開始
2005年 夢の森園舎建設着工
夢の森自然探検村広場と遊具完成
田んぼで餅米収穫開始
2006年 防犯訓練・交通安全訓練本格的実施
2007年 満三歳児教室「つくしんぼ」保育始まる
姉妹園 夢の森幼稚園が設立される
2008年 AED導入する
エコキャップ運動開始する
2009年 夢の森自然探検を始める
小島園長がテレビ朝日系列番組「発見!人間力」にテレビ出演
開設10周年を記念しホームページを全面リニューアル
2012年 開園50周年を迎える
50周年記念式典が行われる