園長からのメッセージ(2016年度・12月号) 園長からのメッセージ(2017年度・11月号)

のどを大事にしなよ

 本当に長雨が続きます。台風に悩まされます。また来るとか。運動会、遠足、楽しみにしている子どもたちのことを思うとつらい日が続きます。子どもたちの体調管理、そして私たち大人さえ「元気」でいることに気を遣う毎日です。食欲の秋で乗り切りたいですね。私は幼い時「柿をいっぱい食べると一年中風邪引かないよ」の言葉を信じ、柿が大好きになりシーズンの今は、食べ過ぎでしょうが10個以上は食べる毎日です。お叱りの殺到ものかな。とにかく体を大事にしたいですね。
 「のどを大事にしなよ」、昨日朝早く門に立って子どもたちを迎えていると、車が止まりあめ玉を3個渡されました。その方は年に何回かは必ず車でやって来て、私にあめ玉を何個かくださいます。本当にいつもグットタイミングです。30年以上前に一緒にコーラスをやっていた仲間ですが、いつも励ましてくれる有り難い先輩です。確かあの頃は「昼間は大工、休みは第九。」と、私に語りかけてくれました。初老のあの方は今でも立派な家造りに頑張っているだろうな、私も負けずに子どもたちの育ちにまだまだ関われることに感謝するばかりです。どこかで見守っている、数少ない男性部員でしたが本当に元気を頂きます。
 もう一人忘れてはいけない元気を送ってくれる方がいます。10年以上にわたり毎日、絵手紙を送り続ける画家の島津先生から昨日、「うらをみせ  おもてをみせて  ちる  もみじ」と題した絵手紙が届きました。もみじの鮮やかな紅葉が楽しみな季節、今朝のデスクから朝陽を浴びた「紅葉馬風」(もみじばふう)の色付き始めた紅葉も何とも言えません。「うら」、私にとっては弱さ・怠けたい・時間が欲しい・旅に出たい・寝たい・・・、「うら」とはこんなものかな。「おもて」、自分で書くのはどうか迷うが、がんばる・くじけず・時間を惜しまず・あつい・努力・負けず嫌い・・・。「うら」「おもて」を素直に認めてただただ頑張ることしか、「もみじ」のような「美しさ」は出せないのかな、こんなことを考えた今日のスタートです。
 10月26日、今日の朝陽は眩しい。素敵な日になるに違いない。先生たちが一人、また一人と笑顔で挨拶に来る、今日も頑張ろう。子どもたちもこの朝陽を待っていた、きっとにこにこで登園してくる、楽しみだ。
 玉川中央幼稚園、夢の森幼稚園、柿の実幼稚園、つくしんぼ保育園、はじめの一歩保育園、ちびっこ安心館、みんなの今日一日が素敵になりますように。
 「あけび」の色付きはじめが本当にきれいです。収穫したら届けますね。